こども発達支援室ハンモック

こども発達支援室ハンモック

児童発達支援とは、未就学児(0歳~6歳)の障害のある子どもを対象に日常生活の基盤づくり、療育、集団生活への適応訓練を提供するものです。

医療的ケアが必要な子どもも障害がある子どもも、乳幼児期は人間形成にとってとても大切な時期です。

子どもが充実した毎日を過ごし、望ましい未来を作り出す力の基盤を培うために子どもの成長発達を支援します。

ハンモックからのお約束

1.こども達が安心して過ごせる場所を作ります
医療用のベッドを配置しているので、横になったまま活動に参加できます。
広いスペースを活用し、安全に配慮しながら動きのある遊びを提供します。

2.こども同士の関わりを大切にします
ご家族や医療スタッフとの関係では得ることのできない経験が、お友達との関わりから生まれます。

3.いろいろな遊びから興味や関心を広げます
多職種のスタッフが在籍しているので、いろいろな角度からできることを増やす・伸ばす手助けをします。

4.こども達が自分で選ぶ機会を多くします
いろいろな経験を通して、こども達が自分で選んで決める力を育みます。

5.ご家族同士の交流の場を提供します
こどもだけでなく、ご家族も含めてお互い理解しあえる関係を目指します。

ハンモックの一日

9:00登所
自由あそび
10:00はじめの会
10:15集団活動
11:30昼食
午睡・休憩
14:00自由あそび
水分摂取など
おわりの会
15:00降所

ハンモックについて

名称こども発達支援室ハンモック
管理者竹山 あや
児童発達支援管理責任者松野 友香
児童発達支援管理責任者神里 さなえ
所在地東京都武蔵野市境1-17-6
電話番号0422-27-8848
FAX0422-27-8849
定員15名(重症心身障害児5名、医療的ケア児など10名)
営業日・時間月曜日~金曜日・9:00~15:00

公表

こども発達支援室ハンモックの「利用者アンケート・自己評価結果」を以下の通り公表します。

2022年4月公表

1.利用者アンケート結果

2.自己評価結果

2021年4月公表

1.利用者アンケート結果

2.自己評価結果

2020年4月公表

1.利用者アンケート結果

2.自己評価結果